【恐怖】クーパー靭帯は切れたら最後…。絶対に守り抜かねばならぬのだ!!

女性ならクーパー靭帯って知っていますよね?
主にコラーゲンで構成されていて、胸を支える役割を担っている靭帯です。

クーパー靭帯が切れてしまうと、垂れ乳になっちゃうわけなんだけど、このクーパー靭帯の厄介な性質は

一度、伸びたり切れたりすると、再生しません!

筋肉だったら、トレーニングで取り戻すこともできるけど、クーパー靭帯は、再生することができない…。
だから、日々の生活で大切に守ってあげないと、将来、垂れ乳になっちゃうかも・・・。

クーパー靭帯は女性にとって死守しなければならない重要な部位なんです。

垂れ乳になんてなりたくない!どうすれば良いの??

クーパー靭帯は切れたら最後!

胸の大きさは関係ありません。
胸が大きかろうと小さかろうとクーパー靭帯が切れてしまうと、乳首が下を向いて胸板にぺターンと張り付いてしまう垂れ乳になってしまいます。

クーパー靭帯が切れる理由

クーパー靭帯が伸びたり、切れたりする理由は生活の中に潜んでいます。
原因を知って予防と対策をしましょう♪

加齢

クーパー靭帯に限らず、体の靭帯は年とともにもろくなっていきます。
きちんとケアをしないまま放置していると、クーパー靭帯がどんどん伸びていったり、切れてしまいます。

おばあちゃんのおっぱいってピターンて垂れていますよね。
その一番の原因は加齢だと思われます。

運動不足・筋力不足

運動不足や筋力不足によってもクーパー靭帯は伸びてしまいます。
クーパー靭帯を支える胸の筋肉が衰えたり、少なくなってしまうことで伸びやすくなっていってしまうんです。

姿勢が悪い

猫背だったり、うつむきがちだと胸も下を向いてしまいます。
そうするとブラだけでは乳房の重さを支えることが難しくなり、乳房の自重でクーパー靭帯が引っ張られがちに。

激しい運動などによる衝撃

頻繁にジャンプするバスケットボールやバレーボール、バドミントン。
体を激しく揺さぶるサッカー、テニス、陸上。
胸を強く押し付けたり、予期せぬ方向からの衝撃がある柔道、新体操。

他にもスポーツ全般は胸に対して衝撃が加わったり、乳房が激しく揺れることでクーパー靭帯が伸びたり、切れたりする可能性が高くなります。

就寝中の靭帯への負荷

就寝中は横向きになったり、仰向けになったり、うつ伏せになったり。
自分が意識しない姿勢をとってしまい、胸を潰してしまったり、引っ張ってしまうことがあります。

 

当てはまるものがあれば、今日からケアを!

…この理由を見て大変だ、いくつも当てはまると涙目になった女性も多いのではないでしょうか。

今までバストが自慢だった方も要注意

クーパー靭帯を切らずに守るためには、いつまでも若々しくいられる努力と規則正しい生活習慣、過度の運動を避けるなど日々の生活を大切にしつつ、美バストを維持する意識というのが必要不可欠。

大きいバストであるほど、クーパー靭帯にかかる負荷は大きくなるので、より注意が必要です。

今日からできる「クーパー靭帯を傷つけない生活習慣」

美バストを守るために必要なクーパー靭帯を傷つけない生活習慣は、さほど難しいものではありません。

1. ナイトブラとスポーツブラは絶対に常備するべき!

クーパー靭帯を守るためには人生の中の3分の1の時間を費やし、一日の疲れや美と健康を保つための睡眠の時間は重要なカギとなります。

今までノーブラで寝ていた方、通常のブラジャーで寝ていた方はクーパー靭帯を守る観点から救世主となるナイトブラを必ず着用すること!

就寝時のナイトブラはバストケアの基本です。
また運動を行う際は必ずスポーツブラを着用する事。

普通のブラは下に垂れ下がる乳房を支える役割がありますが、ナイトブラやスポーツブラは乳房を全方位で支えます。
両方とも複数常備しておきましょう。

2. 自宅でもOK!トレーニングをして体を鍛える

バストが大きく揺れる可能性のある激しいスポーツは、クーパー靭帯に大きな負担をかけるのであまりおすすめ出来ませんが、クーパー靭帯というのは無理のない適度なトレーニングを行う事で負担を軽減することができます。

トレーニングを行う際は必ずスポーツブラを着用する事。バストはしっかりスポーツブラで支えておくと安心です。

正しい方法でトレーニングを行うと、クーパー靭帯周辺の筋肉を鍛えることができるだけでなく、美しい姿勢と美バストを保つことができるようになり、美スタイルも維持することができます。

クーパー靭帯を土台となる胸筋を適度に鍛えることで、靭帯を引き上げる効果があります。
つまり胸筋を鍛えれば、ツンと上を向いた形の良い美バストが作れるようになります。

3. 寝るときはナイトブラで胸を守って!

寝ている時というのは自分では無意識ですが、想像以上に良く動きバストには相当な負担がかかっている場合が多いです。

ノーブラで寝ることはバストの垂れを進行させるだけでなく、クーパー靭帯が伸び、切れる可能性があります。特にバストの大きい方は負担が大きいのでナイトブラは絶対に必要です。

ノーブラで寝ると胸が圧迫され、クーパー靭帯に大きな悪影響をあたえてしまいます。

特にうつぶせ寝は要注意!
うつぶせ寝を続けると最悪はクーパー靭帯全滅の可能性もあるので十分に注意が必要です。

今や寝る前のバストケアは常識!
女性にとってナイトブラは必須アイテム!

夜寝る時は必ず自分に合った付け心地の良いナイトブラを着用しましょう。

ナイトブラを付けることにより、クーパー靭帯の伸びや切れ、寝ている間のバストの揺れ、横流れを防ぐことができます。

4. バストマッサージは、やさし〜く!

美バストを維持するためにバストマッサージを行っている方は多いと思いますが、ついついバストの垂れを防ぎ、バストアップさせようと力いっぱい行ってしまう方がいますが、無理なマッサージは逆効果になるので要注意。

大切なクーパー靭帯を傷つけ、最悪はクーパー靭帯が切れてしまう可能性もあります。

バストはとてもデリケートなので必要以上に優しく、丁寧に、時間をかけてマッサージを行うことが大切。
バストマッサージは血行の良いお風呂上りがベストコンディション。

お肌に合うバストアップクリームをつけて行うとさらに効果的です。

マッサージ例

  1. 親指以外の4指を使い、体の中心から外側に向かい鎖骨を撫でる
  2. 今度は体の中心から鎖骨を撫で、脇の下に向かって流す
  3. 手でバストを優しく包み、バストの中心からはじまりバストの外周を優しくなぞる(バスト中心→バスト下→バストわき→デコルテ)

5. ストレスを溜めない生活をする

ストレスというのは精神的な負担も大きいですが、身体的にも悪影響をあたえます。

ストレスが溜まるとホルモンバランスも乱れやすくなり、血行も悪くなるほか、肌荒れの原因にもなります。
ホルモンバランスが乱れると女性ホルモンが減り、バストの張りやふっくら感が失われるほか、垂れや乾燥・湿疹などの症状が出る場合もあります。

美バストを維持するためには規則正しい生活とストレスを溜めない生活を心掛けることが基本となります。

ストレスを感じたら趣味に打ち込んだり友人と食事を楽しむなどこまめに発散し、溜めないようにしましょう。

マジメな話、ひとりエッチは美容に良いことばかり!
ストレス発散だけではなく、女性ホルモンの分泌によってお肌の調子や女性らしい体を作ってくれます。

【番外編】彼とのセックスでも注意が必要!!

セックスの時も注意!

貴女に興奮するあまり力強く胸を揉みしだく男性がいますが、これは、クーパー靭帯にとっては脅威以外のなにものでもないので注意です。

激しいセックスで胸が暴れるように揺れるのも、クーパー靭帯にとってあまり良くありません。

例えば正常位や騎乗位の時、大きいバストの方は手を胸の下に添えるなどして乳房への負荷を和らげてあげるのがおすすめ♪
バストサイズや胸の谷間が強調されて彼も喜ぶし、バストケアにもなるので一石二鳥ですね!

まとめ

女性にとってバストは大切なチャームポイント。

顔と同様、いつまでも若々しさとハリを保ち、美バストを維持するためにはクーパー靭帯が伸びたり切れないように意識をした規則正しい生活をするのがベスト、ということがお分かりいただけたと思います。

自分の身体は自分で守る。
これはなかなか難しい事ですが規則正しい生活を心掛け、自分に合ったブラジャー、スポーツブラ、ナイトブラをしっかりと着用し、自分自身のバストをケアし、長く優しくサポートしていきましょう。

毎日の積み重ねが何よりも大切です。