「ポルチオ開発ってどうやるの?」初心者でもできるポルチオいきする方法教えます。

ポルチオ開発ってどうやるの? sex

クリトリスで感じるオーガズムとは全く違う、これまで感じた事の無い、未知の世界の快感を味わえるというポルチオいき。

女性にしか体感できないそんな未知の世界があることを知ってしまったら自分自身も体感したい!経験してみたいと願うのは自然な事であり、多くの女性が実際にポルチオの自己開発を試み、開発へと扉を開けようとしています。

しかし、実際に行ってみるとすんなりとポルチオを開発できる女性はごくわずか。

殆どの場合、色々試してみてもポルチオそのものがどこにあるのかはっきりとわからず、途中で疲れてしまい、腑に落ちないまま、欲求不満なまま諦める日々を過ごしているのです。

出来れば女性の身体のすべてを知り尽くした理想の男性から開発してもらいたいものですが、その出会いがあるかどうかもまた未知の世界ですし、出来る事なら自己開発し、好きな時の思う存分、素敵な世界を味わいたいですよね。

そんなポルチオ開発にお悩みの女性の方は必読!必見!

今回は初心者でも簡単にポルチオいきするための方法をご紹介しましょう。

そもそも、ポルチオってなに??

人間の顔や身体に個性があるのと同じように女性器というのも人それぞれに個性があり、形も大きさも場所も全く同じものは存在しません。

しかもポルチオは目で見ることができない膣の中に存在する子宮が突き出ている部分を言います。

膣に中指をかなり奥まで優しく入れてみましょう。そこにコリっと突起したものがありませんか?

それがポルチオです!!

膣の奥にある数センチのもので中心は子宮口となっているため、穴が開いています。

指を入れてみて必ずここにある!!という決定打はありませんが、最も普段は感じにくい膣の奥にあります。

人それぞれによっても違いますが、出産前と出産後では固さがちがい、出産前の方がコリっと固く、出産後は柔らかくなっており、ムニムニとした突起という方もいます。

最初に触れても気持ちが良いと思う方はほとんどいません。

ああ、コリっとした部分があるな、触るとなんとなく違和感があるなという程度の方がほとんどです。

まずはリラックスして体調の良い時に、ポルチオの位置を把握しておきましょう。

ポルチオいきって、どれくらい気持ちいいの?

さて、このポルチオですが、ポルチオいきとなった場合、一体どのくらい気持ちが良いものなのか、知りたいですよね。

Gスポットをご存知の方は多いと思います。膣内で快感を得られるGスポットは膣口から膣内に向かう2~5センチ内にあり、かなりの快感を得ることができますが、ポルチオいきはそれとは比較できないほど奥深く、この上ない幸福感に浸れる快感を得られると言われています。

最初はポルチオを見つけることができ、徐々に刺激することによって膣奥に当たって、突起に触れる快感を覚えるとポルチオいきが起きるようになります。

ポルチオいきは女性のセックスでの快感の中では最高レベル

はっきり言って、ポルチオいきを一度味わうと味合わせてくれた男性からは離れられなくなり、自己いきを経験すると性感の虜となり、しばらく行為をせずにはいられなくなります。
このポルチオいきだけでも今までにない快感に浸ることができますが、さらに性感帯として開発されると女性の脳が快感に対して非常に敏感となり、今まで10感じていたことが100に感じられるほど、ちょっと息を吹きかけられただけ、甘い言葉をささやかれただけ、エッチな事を少し自分で想像しただけでも快感を得ることができ、連続で深い絶頂感を得られるようになります。

今までのセックスってオナニーって何だったのだろうかと思うほどポルチオ性感による快感は別物です。まずは初心者でもできるポルチオいきを体験する方法を知りましょう。

ポルチオいきする為の方法【初心者編】

準備するもの。

  • マリンビーンズ(アダルトグッズ)
  • リュイールホット

※必須では無いのですが、用意した方が成功率高くなります。

ひとりでポルチオいきする為の手順。

STEP1. 落ち着いた環境を用意する。

  • 集中できること。
  • 気持ちをリラックスさせる。
  • BGMはクラシックがおすすめ!

STEP2. まずは十分に濡らす。

  • まずは指でクリを丁寧に。
  • でも、イっちゃダメ!(自分で焦らしプレイ。)

STEP3. とにかくポルチオを刺激し続けて!

ポルチオいきの経験がない女性の場合、ポルチオを刺激すると、高確率で尿意を感じたりします…が、グッと我慢!また、ちょっとだけピリッとした痛みを感じたりしますが、これも我慢!!

馴れると上手な刺激の仕方がわかるようになるけど、初心者のうちは、とにかくポルチオを刺激し続けてみて!!