くびれが欲しいなら背中を鍛えよ(お腹じゃなくて背中だよ!!)

家帰り、ようやくお腹の、チカラ抜く。 body

ピタッとしたボディラインがわかるファツションを着こなすため。旅行で水着を着るため、結婚式のため、モテたいため…と、様々な理由で求められる「くびれ」!!

そんなくびれを作る為に、皆さんはどのような努力をされていますか?

腹筋運動?食事制限??…実は、くびれを作る近道は「背中の筋肉」だってご存知でしたか?

くびれの正体に迫る…。

くびれは、「ウエストとヒップ、ウエストと上背部の比率」です。

この比率が大きければ、大きいほど、セクシーさ、女性らしさなど魅力もアップします。

また前後から見たときだけでなく、横から見たときのウエストとヒップの比率も、とても大切です!

街中を歩いている人を見てもらうと納得できると思いますが、痩せている人が必ずしもくびれているとは限らないし、太っているから、くびれがないというわけもありません!

なので、お腹の脂肪が減らないからくびれない…と思っているそこのあなた!

体重にかかわらずくびれボディは作れるのです!

要は、重要なのは痩せることじゃなくて、出すとこ出してヘコますところはヘコますというメリハリが重要だということを、まずは再認識して下さい。

くびれボディを作る為にするべきこと

まずは何よりも姿勢です。後ろ姿を動画や写真を撮って実感してみてください。

「猫背の時のウエストとヒップの比」と「胸を張って腰を反らしている時のウエストとヒップの比」お腹を凹ます力を入れていようが、抜いていようが比率に大きな差がでます。

くびれを強調したり、女性らしさをアピールするために女性ボディビルの人が腰をそらして魅せているのも納得です。

腰をそらすのは魅せ方の問題で、日常的にそらすのは腰を痛めるので辞めましょう。

つまり、お腹の筋肉量は、実はくびれを作る上ではあまり重要じゃなくて、重要なのはお尻と背中の筋肉なのです。

なぜお尻がクビれる為に重要なの?

初めにくびれとはウエストとヒップの比率と話しましたが、この比率を大きくすのは大きく2パターンです。

  1. お尻を大きく見せる
  2. ウエストを細くする

お尻の大きさで大事なのはお尻の高さと厚みです。サイズではありません。

使えていないお尻は薄いです。そして高さがありません。

そして、骨盤の歪みによってただ横幅だけがあります。

年齢に関係なく若くても垂れ尻の人が多いですしトレーニングしている方は年齢を重ねてもハリのあるお尻を持っています。

お尻の高さと厚みがあることで前後左右から見たときにウエストが強調されくびれて見えるのです。

プリッとしたお尻の為にも大臀筋、中臀筋を鍛えましょう!

なぜ背中がクビれる為に重要なの?

姿勢が悪い、猫背の多くは背中の筋肉が衰えることが原因です。

姿勢が良くなり背筋が伸びることで腸骨(骨盤の一番高いところ)と肋骨の間隔(わき腹)が広がるのでより一層、くびれやすくなります。

また背中のS時カーブが強調されより女性らしさが出て来ます。

くびれを作る為に重要な背中の筋肉は2つあります。

1つ目は広背筋。広背筋は全身の筋肉の中でも大きな面積を誇っています。

代謝を上げるのはもちろん、逆三角形の形をしているので、

この筋肉が発達することにより逆三角形の下、

つまりウエスト部分が引き締まりサイズダウンします。

2つめは脇から背中にかけて斜めにある大円筋。

初めにくびれとは「ウエストとヒップ、ウエストと上背部の比率」

と話しましたが、広背筋と共に大円筋を鍛えることによって上背部がサイズアップしウエストとの比率が大きくなるため、後ろ姿が美しく、より一層くびれのあるボディラインに変わります!

背中を鍛えることで360度メリハリボディが手に入るというワケなのです!

なぜ多くの人は腹筋ばかりするのか?

ではなぜ、多くの女性がくびれのためにお腹周りを鍛えるのか…?

それは、すごく単純な発想で、くびれている場所はお腹だからという理由の人がほとんど。

また、実際のところ、「この腹筋はくびれに効果あり!」、「ウエストの引き締めに効果あり!」といった情報がネット上には蔓延していていることも大きな原因だと思います。

今ままで、腹筋をしてくびれましたか?

もう一度言いますが、くびれとは「ウエストとヒップ、ウエストと上背部の比率」です。

お腹をねじる、またはわき腹を縮めるといったツイストクランチやサイドクランチなどのトレーニングは「くびれをつくる」という目的からすると少し遠回りです。

お腹を割りたい、縦ラインを作りたい。という目的であれば有効です。

必ずしも引き締めたい場所をトレーニングすればいいということではありません。

つまり、くびれボディを手に入れたいなら…

普段の生活の中で鏡で見たりや視線を落としたりすると自分自身で見えるから、お腹がすごく気になりますが、見た目を良くしようと、メイクや髪型に時間やお金をかけて年齢をごまかすことができても、後ろ姿は誤魔化せません。

背中にこそ年齢や美意識、生活習慣が現れます。

他人からは後ろ姿の方が見られていることが多いのです。

太っている、痩せている、そして年齢に関係なく、くびれは作ることができます!

くびれを強調させることで、姿勢をは良くなり、セクシーさ、女性らしさなど魅力があがります。

さあ!今日からくびれのあるメリハリボディのためにも背中のトレーニングを始めましょう!

くびれボディを作る為のオススメトレーニング

 

スクワット(大臀筋、中臀筋)

股関節から動かすように意識しましょう!

 

デッドリフト(広背筋、大円筋)

背筋を伸ばし、しっかりと胸を張りましょう!

 

ラットプルダウン(広背筋、大円筋)

肩甲骨をしっかり下げた状態で動きましょう!