着膨れ回避!白ニットをおしゃれに着こなそう!

着痩せした女性のイラスト

ふんわりとして女性らしい白ニットは魅力的ですが、実はシンプルゆえにハードルが高いアイテム。
それは膨張色の白にふわっとしたニットの素材が体のラインを太く見せてしまうため、スタイルダウンしてしまうから。

上手に着こなせばオシャレでスタイリッシュに見せることができるアイテムでもあるので、いつか手を出せたらいいななんて思っていませんか?

白ニットはポイントさえ押さえれば、思っているほど着合わせが難しいアイテムでもありません。

ということで今回は、白ニットのコーディネート方法について紹介していくのでチェックしてみて!

リブニットを選ぶ

ニットには目を揃えて平坦に編まれているものと、表編みと裏編みを組み合わせて縦ラインができるように編まれているリブニットがあります。

リブニットであれば縦のラインが入っているので、体を細く、長く見せることができるんです。

そのため、白ニットに抵抗があるという人は、リブニットを選べば体型をカバーすることができます。
着痩せ効果が大きいので、体型にコンプレックスがあるという人でも試しやすいでしょう。

ざっくりニット・ゆるニットを選ぶ

ニットは目が細かく編まれているものもあれば、編み目が細かいものもあります。

編み目が細かいものだと体のラインにフィットするので、どうしてもラインが強調されて、さらにニットのふんわり感も相まって太く見えてしまいます。

ですが、ざっくりと編まれたニットは編み目が体のラインをカバーしてくれるので、さほど体型が目立つことはありません。

また、ゆったりとしたニットも体に密着しないので、体型を目立たせることがなく、スタイルにコンプレックスがある人にもおすすめです。

収縮色を使う

白ニットは膨張色でありふんわりとしているので、単体で着るとやはり実際よりも太く見えてしまいます。
それが気になるという場合には、黒やネイビーなどの引き締め効果のある色を合わせてみるといいでしょう。

暗めの色を選ぶことで体が引き締まって見えるため、スタイルをカバーすることができます。引き締め色はジャケットやボトムにもってくると、バランス良く仕上がります。

目線を上に持っていく

白ニットで体のラインが膨張して見えてしまうのが悩みという場合には、縦ラインを強調して横ラインの感覚を薄れさせるのも一つの手段。

そのためには、帽子などをかぶって目線を上に意識させるようにし、体を縦長に見せるといいでしょう。

ニット帽やベレー帽などをかぶることで自然と目線は頭の方に行くので、体全体が長く見えます。

その結果、白ニットを着ていても着膨れ感が目立つことなく、きれいなバランスを保つことができるのです。

ロングコートを活用する

体の縦ラインを強調させたいという場合には、ロングコートを着用するのもいいでしょう。

長めのコートを着ることで体全体を縦長に見せることができ、スタイルをカバーすることができます。

コートはチェスターコートやダッフルコート、モッズコートやノーカラーコートなどなんでもいいので、好みでセレクトしてみて。

まとめ

今回は、コーディネートが難しい白ニットについて着こなし方を紹介しました。

そのままだと膨張して見えてしまう白ニットですが、組み合わせるアイテムや素材、編み方や縦長のラインを意識することでぐっとスタイル良く見せることができるので、ぜひ試してみてください!