着こなし次第でこなれ感UP!カーディガンのおすすめコーデ方法

コーディネートで悩む女性のイラスト

半袖では少し肌寒いかな?という時に活躍するのが、薄手の羽織物であるカーディガン。
夏のキンキンに冷えたオフィスで重宝してるよ!なんて人も。

使い勝手もいいので、何枚か買い揃えているという人も多いのではないでしょうか。
カーディガンをさっと羽織るだけでコーデの雰囲気を変えることができるのも魅力です。

でも、カーディガンを羽織ってもいつもと同じようなファッションになってしまって、代わり映えせずにマンネリを感じている人もいるのでは?

カーディガンを使ったファッションがワンパターンになっているという場合には、コーデのポイントを押さえてさまざまなスタイルを楽しんでみましょう!

カーディガンの着こなしが難しい!

カーディガンをなんとなく羽織っているけれど、なんだか地味な印象になってしまうという場合には、上手に着こなせていないのかもしれません。

「カーディガンをおしゃれに着こなすのって難しくない?」
こんな苦手意識を持っていませんか?

実はみんなが思うほど、カーディガンのコーディネートってハードルが高くありません。

色やアイテムのポイントさえ押さえていれば、カーディガンコーデを攻略するのは意外と簡単なのです。

カーディガン×タートルネック

カーディガンを着る際には、インナーにタートルネックを選ぶだけでもガラッと雰囲気が変わります。
Tシャツなどでもいいのですが、毎回それだと飽きてしまいます。

たまには趣向を変えてタートルネックを選んでみては?

タートルネックは女性らしいアイテム。
それだけにカーディガンと組み合わせることで大人の女性の雰囲気を出すことができます。

知的な印象に仕上がるので、オフィスコーデとしてカーディガンはおすすめ。
グレーのカーディガンに白いタートルネックを合わせるなど、ベーシックな色選びをすれば、さらに上品です。
パンツにもシックな色を選ぶと、さらにまとまりがよくなります。

カーディガン×チェックワンピ

カーディガンはチェックワンピースとの相性もいいし、花柄など他のワンピースとも合います。
チェックワンピースに合わせることでより大人っぽい雰囲気を演出できます。

黒ベルトやファーバッグなどの大人なアイテムを組み合わせると、さらにワンランク上のコーデに仕上がります。

長袖のチェックワンピースを着て、肌寒い時期にはバッグにカーディガンを忍ばせておくと、体温調節もしやすくなるでしょう。

カーディガン×ニットトップス

カーディガンはフワっとしたニットトップスとの相性も抜群!

そのまま上にカーディガンを羽織るのもいいのですが、ピンクなど鮮やかな色味のニットトップスを着て腰にカーディガンを巻きつけるというのも可愛いですよ。

両方ともニット素材でできていれば、素材の雰囲気がマッチするので馴染みやすく、上品な印象に仕上がります。
上をふんわりとした印象にしたら、足元はシルバーシューズやカラーパンプスなどなど少し華やかなものを選ぶと良いアクセントとなります。

カーディガン×チノパン

オレンジや赤などの派手めな色のカーディガンを羽織る際は、足元にはチノパンなどのシンプルなアイテムを合わせましょう。
特に赤いカーディガンとチノパンは相性が良く、ナチュラルな中にもエッジの効いたスタイルに仕上がります。

ベルトなどを使ってメリハリをつけると、さらにおしゃれなコーディネートができるので、ぜひ試してみて!

赤いカーディガンが差し色になって目線がぐっと上に移動し、スタイルが良く見えるのもメリットです。

まとめ

今回は、カーディガンを使ったコーディネート方法について紹介してきました。

カーディガンは無難なアイテムではありますが、少しの工夫でおしゃれでトレンド感のあるファッションに仕上げることができます。

色違いで何枚か用意して、コーディネートを楽しみましょう!