体型を気にせずファッションを楽しもう!着やせコーデ術

着痩せコーデのポイント

この記事を3行でまとめると...
  • ファッションはコーデで痩せて見える!
  • 縞模様や収縮色をうまく利用して!
  • 目の錯覚や服のシルエットも着痩せのポイント!

雑誌に載っているようなおしゃれな洋服を着て、おしゃれを楽しみたい!

でもモデルがかわいく着ていた服でも、自分が着たら「思ってたんと違う…」ってあるあるですよね!

そんなことを防ぐために、ポイントさえ押さえれば、体型をカバーすることができます。

体型をカバーしてキレイな着こなしをするための着痩せ術について紹介。

体型にコンプレックスを抱えている人は、ぜひチェック!

ハイウエストのボトムを履く

 

View this post on Instagram

 

. . . ☞ Tabio / #021130226_09 . . . #ブラウス #レースブラウス #デニム #バレエシューズ

Tabio 代官山店さん(@tabio_daikanyama)がシェアした投稿 –

体の縦ラインを強調すれば、基本的にスタイルを良く見せられます。

体を細く長く見せるには、ハイウエストのボトムがおすすめ。

ウエストの位置が高くなることで必然的に足を長く見せられるので、体の太さをカバーできます。

ハイウエストのボトムといえばパンツですが、スカートでも同じ効果があるのでチェックしてみて!

ストライプ柄をコーデに取り入れる

青い服とベージュのパンツを履いた女性

着痩せコーデにはストライプ柄を上手に使うのもポイントです。

縦模様のストライプがあると、体を細く見せられます。

ボーダーは逆に横ラインが強調されて太く見えてしまうので注意!

ストライプは細いラインと細いラインのものがありますが、細ラインの方が細く見えるのでコーデの参考に♪。

ウエストや足など細く見せたいところは細いボーダー、バストやヒップなど幅を広く見せたいところは太いボーダーといった具合に、体の部位によってボーダーの太さが変わるものがあれば試着して効果を確かめてみましょう♪

かなり印象が変わりますよ♡

ベージュ系のシューズを履く

足を長く見せるためには、目の錯覚を利用するのも効果的。

肌の色に近いベージュ系のシューズを履けば、つま先の部分まで延長したように見えるので、脚長効果が期待できます。

ベージュ系のパンプスなど、ハイヒールの靴はさらに足を長く細く見せられるのでおすすめです。

足を露出したファッションにすると、足先との境界線が曖昧に。
さらに足を長く見せることができます。

引き締めたい部分に黒いアイテムを持ってくる

色によって体を細く見せることもできます。

引き締め色として黒は期待通りの働きをしてくれます。

これを効果的に取り入れることでスタイルアップを図ることが。

だからと言って、黒を手当たり次第にどこにでも使えばいいというものでもありません。

全身を黒にしてしまうと肌もくすんで見えてしまいますから、ポイント使いすることが大切。

腕や足など細くしたい部分に黒を使って、他は白を合わせるなどして、対比で細く見せるといいでしょう。

適度に肌を露出

全身を細く見せるためには、バランスよく露出をすることも必要。

寒い時期は別ですが、全身を衣服で覆ってしまうと着膨れして、実際よりも太く見えてしまうことが。

首元をVネックにしたり、長袖よりも七分袖を選ぶんだりして適度に肌を露出してみて!

フレアスリーブなどの裾に向かって広がっているデザインのものを選ぶと、さらに対比で腕などを細く見せることができます。

着痩せコーデのまとめ

体型を気にせずに洋服を着るためのコーデのポイントについて紹介しました。

体型がコンプレックスで、着たい服が着られないコンプレックスはコーデでカバー!

体の縦ラインを意識してコーディネートをすることが大切なので、こちらで紹介した方法をぜひ試してみて!