体型を気にせずファッションを楽しもう!着やせコーデ術

着痩せコーデのポイント

雑誌に載っているようなおしゃれな洋服を着て、おしゃれを楽しみたい!
ほとんどの女性が思っていることだと思います。

ところが、モデルさんがかわいく着ていた服でも、自分が着てみると思っていたのと違う感じになってしまうことって本当に多いですよね。

体型が気になってファッションを楽しめないのは悲しいことです。
でもちょっと待って!ファッションはポイントさえ押さえれば、体型をカバーすることができます。

ということで、今回は体型をカバーしてキレイな着こなしをするための着痩せ術について紹介。
体型にコンプレックスを抱えている人は、ぜひチェックしてみてください。

ハイウエストのボトムを着る

体の縦ラインを強調することができれば、基本的にスタイルを良く見せることができます。

体を細く長く見せるためには、ハイウエストのボトムがおすすめ。

ウエストの位置が高くなることで必然的に足を長く見せることができるので、体の太さなどをカバーすることができます。

ハイウエストのボトムといえばパンツが多いですが、スカートでも同様の効果が得られるので、チェックしてみて!

ストライプ柄を取り入れる

体の縦ラインを強調するためには、ストライプ柄を取り入れるのもポイントです。縦模様のストライプがあることで、体を細く見せることができます。

ボーダーなどは逆に横ラインが強調されて太く見えてしまうので、注意が必要です。

ストライプは細いラインと細いラインのものがありますが、細ラインの方が細く見えるので、ファッションに取り入れてみましょう。

ウエストなど細く見せたいところは細いボーダー、バストやヒップなど幅を広く見せたいところは太いボーダーといった具合に、体の部位によってボーダーの太さが変わるものがあれば試着して効果を確かめてみましょう♪

ベージュ系のシューズを履く

足を長く見せるためには、目の錯覚を利用することも大切。
そのためには、肌の色に近いベージュ系のシューズを履くようにしましょう。

足のつま先の部分まで延長したように見えるので、脚長効果が期待できます。

ベージュ系のパンプスなど、ハイヒールの靴はさらに足を長く細く見せることができるので、おすすめです。
足を出したファッションにすることで、足先との境界線が曖昧になるので、さらに足を長く見せることができます。

引き締めたいところに黒アイテムを持ってくる

色によって体を細く見せることもできます。

引き締め色として黒は期待通りの働きをしてくれます。
これを効果的に取り入れることでスタイルアップを図ることができます。

だからと言って、黒を手当たり次第にどこにでも使えばいいというものでもありません。
全身を黒にしてしまうと肌もくすんで見えてしまいますから、ポイント使いすることが大切です。

腕や足など細くしたい部分に黒を使って、他は白を合わせるなどして、対比で細く見せるといいでしょう。

適度に肌を見せる

全身を細く見せるためには、バランスよく露出をすることも必要。

寒い時期は別ですが、全身を衣服で覆ってしまうとどうしても圧迫感があり、実際よりも太く見えてしまうことがあります。

そのため、首元をVネックで出したり、長袖よりも七分袖を選ぶなどして適度に肌を露出してみて!

フレアスリーブなど裾に向かって広がっているデザインのものを選ぶと、さらに対比で腕などを細く見せることができます。

まとめ

今回は、体型を気にせずに洋服を着るためのコーデのポイントについて紹介しました。

体型がコンプレックスで、着たい服が着られないという悩みを抱えている人も多いでしょうが、コンプレックスはコーディネートでカバーすることができます。

体の縦ラインを意識してコーディネートをすることが大切なので、紹介した方法を試してみてください。