ファッションに合わせて使い分ける!カーディガンの種類とコーデ術

ファッションアイテムとして定番のカーディガン。

カーディガンのコーディネートが難しいと感じている人も多いはず。
カーディガンは軽く羽織れて、オフィスでは秋冬シーズンでは手放せない存在。

でも、ポイントをしっかり抑えれば体温調節のためではなく、ファッションとして活かすことができるようになります。

カーディガンと一口に言っても実はいくつか種類があるので、それぞれの特徴を押さえてファッションに組み込みましょう。

カーディガンは、どれでもいいの?

カーディガンにはいくつか種類があると紹介しましたが、それぞれ似合うコーディネートが変わってきます。

まずはカーディガンにどんな種類があるのかということを押さえて、どんな風に組み合わせたらいいのかということを紹介していきます。

使い分けるともっとおしゃれに!カーディガンの種類!

ノーマルカーディガン

ノーマルカーディガンは、最もオーソドックスなカーディガンです。
基本的に腰までのサイズものを指し、薄手でかさばらないので、使いやすいのが大きなメリット。

バッグに忍ばせることもできるので、季節の変わり目などには大活躍するでしょう。

ノーマルカーディガンはカラーも豊富に揃っているので、色違いのアイテムを揃えて気分でセレクトする楽しみ方もあります。

複数のカラーを持っておくことでコーディネートもしやすくなるので、おすすめです。

ミディアムカーディガン

ミディアムカーディガンは、お尻のあたりまでの長さがあるカーディガン。

カジュアルファッションでもきれいめファッションにも合わせることができるので、カーディガンの中でも合わせやすいアイテムです。

ロングスカートと合わせるとふわっとしたシルエットに仕上がりますし、ゆったりパンツと合わせてもバランスよく仕上がります。

ミディアムカーディガンはシンプルなカラーが多いので、きれいめファッションとしてオフィスコーデにもぴったり!

ロングカーディガン

ロングカーディガンは足首あたりまであるカーディガンのこと。

ガウンのようにゆったりと着ることができるうえ、カバーする範囲が広いので肌寒い時期に防寒の役割をしっかり果たしてくれるのもメリットです。

全体的にゆったりした雰囲気なので、インナーはぴったりタイトなトップスやボトムを選ぶとバランスよくまとまります。

足首まで覆うことができるので、下半身などのスタイルもカバーすることができるのも魅力。

ニットカーディガン

ニットカーディガンは、優しくふわっとした素材が魅力のアイテム。

やわらかく女性らしいシルエットに仕上がるので、ガーリースタイルやフェミニンスタイルが好きな人にはぴったりのアイテムです。

また、袖が太めになっているものであればゆったりと着られますし、シルエットも柔らかいのでより女性らしい雰囲気を出せます。

フワっとした印象なので、下に着るものを薄手にしたり、ボトムを短めにしたりすると重くならず、秋冬以外にも使うことが可能です。

Vネックカーディガン

カーディガンというと丸襟のものが一般的ですが、中にはVネックカーディガンもあります。

Vネックのカーディガンは丸襟のものよりもエッジが効いた雰囲気なので、カジュアルに仕上げたい時に役立ちます。

また、Vネックカーディガンは首元の空いたトップスと合わせることでデコルテをきれいに見せる効果も。

首元が大きく開いているので、寒い時期にはハイネックニットと合わせるとオシャレな雰囲気に仕上がるうえ、防寒の機能も高めることができるでしょう。

まとめ

今回は、カーディガンの種類とそれぞれのコーディネート術について紹介しました!

ノーマルタイプ、ミディアムタイプ、ロングタイプとそれぞれ適した合わせ方が変わるので、それぞれ1本ずつでも持っていればおしゃれをもっと楽しむことができます。

また、ニットカーディガンがガーリーな印象、Vネックカーディガンはカジュアルな印象に仕上がるので、雰囲気によって使い分けることが可能。

自分の好みのスタイルに合わせたものを選んでみましょう。