カジュアルの定番!シャツの種類とコーデ方法

カジュアルな服を着た女性のイラスト

カジュアルにもシンプルにも大人コーデにも使える、万能アイテムといえばシャツです。

柄や素材もさまざまですが、シンプルできやすいがゆえに、どうしても使っていくうちにマンネリ化してしまうこともありますよね。

いつも同じようなコーディネートになりがちなカジュアルって、飽きてしまうこともあるものです。

しかし、チェックシャツはアイテムの組み合わせ次第でどんな雰囲気も作ることができます。
ぜひ試してみてください。

着回し力抜群!シャツの魅力

シャツは基本的にどんなアイテムと組み合わせても、失敗することがありません。
Tシャツの次くらいに万能のアイテムと言っても過言ではないでしょう。

しかし、だからと言って着回しすぎて、もはやどんなコーディネートもやりつくしてしまった……なんて悩む人もいます。

チェックシャツは着回ししやすいために毎回使っていると同じようなコーデになってしまいがちですが、アイテム選びとコーデ方法を工夫すれば、コーデのバリエーションは増えます。

シャツの種類と、上手な合わせ方

カジュアルコーデはTシャツとアウターの組み合わせがしやすくて、あまりコーディネートに悩まずに済みますが、ついつい似たようなコーディネートになりがち。

そんなコーディネートのマンネリ化を防ぐためのちょっとしたテクニックを紹介♪

シンプルな単色シャツ

シャツを使ったコーデに初挑戦するという場合には、ます着回しやすいシンプルな単色シャツを手に入れましょう。

シンプルなのでオフィスコーデなどにも使用することができますし、職場で浮いてしまうこともありません。

タイトスカートと合わせるとかっちりとした印象になるので、さらにおすすめです。

また、トップスにはジャケットを合わせると、さらにシンプルで大人っぽい、フォーマルな装いに仕上がります。

ストライプシャツ

シャツの中でも最も爽やかな雰囲気に仕上げることができるのが、ストライプシャツです。

縦ラインが入ったシャツは体の縦ラインを強調し、細く見せてくれる効果も期待できます。

ワイドパンツや白パンツ、フレアスカートやタイトスカートなど、基本的にどんなボトムとも相性がいいので、手持ちのアイテムと組み合わせて着回せる万能さがあります。

ストライプの柄が入っているものも、派手なものではないので職場で着ても悪目立ちすることはありません。

チェックシャツ

チェックシャツは、カジュアルコーデをする上では欠かすことができないアイテムです。

目が細かく大きさが揃っているギンガムチェックのほか、目の大きさがバラバラなグレンチェックなどがあるので、好みで使い分けましょう。

チェックシャツはシンプルながらも個性的な印象があり、ミディ丈のタイトスカートなどのシンプルなアイテムと合わせるとバランス良く仕上がります。

清楚でおとなしめの女性を演出したいならアーガイルもおすすめ。

このようにチェックの種類でも与える印象が変わるので、チェックの種類でコーデを楽しむのもカジュアルコーディネートの醍醐味♪

デニムシャツ

デニムシャツもカジュアルファッションに役立つアイテムです。
とはいえ、そのまま一枚で着ると子供っぽくなってしまいやすいので、ニットを上にオンして、裾や襟を出す程度にとどめておくと、おしゃれに着こなすことができます。

デニムシャツは厚手の素材で耐久性があるので、劣化しにくいのも大きなメリット。

一つ持っていれば長持ちさせることができるので、様々なコーデを楽しむことができるでしょう。

ボリュームシャツ

通常のシャツよりもゆったりとしたボリュームシャツは、タイトなボトムと合わせるとバランス良く仕上がります。
また、チェック柄などのワイドパンツと合わせるスタイルも人気です。

オフィスコーデとしても使えるので、一つ持っておくといいでしょう。

ボリュームシャツはデニムとの相性もいいので、好みでカジュアルダウンさせることができます。

ボリュームシャツは体型をカバーすることもできるので、ウエストやお腹が周りが気になるというときにも役立ちます。

まとめ

今回は、シャツの種類やおすすめのコーディネートについて紹介してきました。

シャツには柄物やシンプルなもの、デニム素材やゆったりサイズのものなどたくさんあり、それぞれ似合うスタイルも異なります。

それぞれのシャツを一枚ずつ揃えて、様々なコーディネートを楽しんでみるといいでしょう。