「石原さとみ」から学ぶモテの極意!!

石原さとみさんが素敵すぎる。 love

今や恋愛ドラマには欠かせない女優さんといっても過言ではないでしょう。

そう!男女ともに愛されている天性の魔性な魅力の持ち主「石原さとみ」さん!

でも、彼女はどうしてあんなに魅力的なのでしょう?

今回は、石原さとみさんから学ぶモテ要素を研究していきたいと思います。

手が届きそうで届かない感じ

石原さとみさんが演じる役は、実は等身大のどこにでもいる女性の設定であることが多いのが特徴。

でも、なぜか現実にはいない気がする。むしろ、よく漫画に出てくる主人公の女子のイメージが強い!って思った方も多いのではないでしょうか。

「マンガかよ!」

彼女の言動には思わずツッコミたくなることも。

しかし、これを現実でやってもハマってしまうのが石原さとみさんの演技?天性?の魅力といってもいいでしょう。

だからといって、すべての言動を少女マンガ的なものにする必要はありません!

これをやると痛い女になるので要注意!!!

具体的に何をするのかというと、「好きっぽい態度はするのに絶対に好きと自分からは言わない」。

このセリフ、テレビでもよくモテる人がテクニックとして紹介しているのを聞いたことがあるという人も多いのでは?

手が届きそうで届かない。
つまり、付き合えそうで付き合えない状態をつくることがポイントなのです!

彼を夢中にさせて彼の口から好きと言わせてから付き合うことが最重要事項!

その状況を実現させるためには心の余裕が必要なので、自信がないという方は他の男性とも食事にいったり出掛けたりして気持ちの余裕を自分で作るということがおすすめ♪

喜怒哀楽を素直に表現する!

石原さとみさんのキャラクターの魅力的は、“喜怒哀楽を素直に表現するところ”といえるでしょう。

これを嫌いな男性はいないはず!

でも、“努”と“哀”の感情が多いとメンヘラの面倒くさいやつになってしまうので“バランス”が大切。

“喜”と“楽”の感情は大げさかな?と思うぐらいの表現でOK♪

リアクションは愛情と心得よ♡

楽しんでくれているのか分からない子とデートするよりも、楽しいことを素直に表現してくれたり、何に怒っておるのか、何を哀しいと思うのか表現してくれる彼女に魅力を感じるはず♡

これは、自分の価値観を理解してもらえることにもなるので、自然と結婚を意識したり結婚の近道にもなる方法ともいえるでしょう。

彼に嫌われたくないから彼に合わせたり、彼と同じ意見や考え方にしようとする方もいますが、これではただの“つまらない女”になってしまうので今すぐやめるように!←私も経験済!(笑)

簡単なポイントとしては、「明るく、カラッと、元気に、図々しく」というのが合言葉!

普段はナチュラルに明るく元気でいること♪

“怒”や“哀”を表現するときにもいつまでもネチネチ陰湿な言い方をするのではなく、しっかりと“怒”や“哀”を表現したら引きずらないこと!太陽が照らしているようにカラッとした雰囲気に切り替える。

これなら、ちょっと図々しいと思うようなお願いやワガママも愛嬌となって、彼に「可愛いやつ♡」と思わせることができますよ♪

恋愛以外に努力していることがある

最後は、恋愛以外に努力していることがあること!

これは、恋愛に依存していない状態であるともいえるでしょう。

自分の夢や目標に向かって努力している人は、男女関係なく魅力的に映りますよね。

なので、自分の仕事や趣味でもいいので資格を取得してみたり新しいことに挑戦してみたりと、あなたが夢中になれることや努力することを見つけてみてくださいね♡

そうすることで、きっとあなたも石原さとみさんのように魅力的な女性になれるはずですよ♡