強引なアプローチは逆効果!?彼と復縁したい時に心がけるべきこと

別れた彼とやり直したい love

恋人と別れて新しい人を探そうと前向きになりたくても、彼を失って初めて気づいた元カレの魅力や”当たり前”だった色々なことの大切さで感傷的になってしまい、なかなか前向きになれない。

別れた後も元カレのことを考えてばかり。
やっぱり元カレをもう一度振り向かせたいと思う人もいるでしょう。

しかし、そのような思いをいきなり相手に伝えてしまうのは逆効果。

 

どうしても復縁をしたいと思う時は、きちんと段階を踏んで彼との距離を再び縮めていくことが大切です。

ということで、今回は元カレと復縁したい時に心がけるべきことについて紹介していきます。

元彼と復縁するために今できること

彼と別れて新しい恋愛を始めることが前を向くことなら、いつまでも彼を忘れられず復縁のために今できることをすることは後ろ向きでしょうか。

恋愛の対象が元カレなのか、まだ出会っていない人なのかの違いであって、そこにポジティブ・ネガティブの概念はないと思います。

この先、彼と復縁できてもできなくても、それは貴女の恋愛の1課程にすぎません。

元カレへの気持ちがまだくすぶっているのなら、復縁に向けて努力をすることは自分に正直な行動であり、可能性がある限り貴女なりの純愛を貫こうとするのは素敵なことだと思います。

彼と復縁したい貴女が今できること、心がけるべきことを正しいステップを踏んで実行していくことで、復縁のハードルをグッと下げることができます。

過度な連絡は控える

元カレとの復縁は残念ながらマイナスからのスタートだと自覚しましょう。

元カレも貴女と別れたことでナーバスになっているはず。
そんな状態でストレートに復縁を迫るのはデリカシーがないというもの。

普通にアプローチしただけでは、さらに逃げられてしまうかも。

ここでやってしまいがちなのが、長文のメールやLINEを頻繁に送りつけてしまうこと。
これは元カレにとっては怖さすら感じる最悪の行動です。

じっとしているだけでも彼に対するメッセージを入力してしまう衝動に駆られてしまう気持ちをグッと抑えて、可能な限りシンプルに今の気持ちを伝えるだけにとどめましょう。

ダラダラと長い文章で未練タラタラな内容を送りつけられるよりも2〜3行でパっと読めてしまう文章の方が伝わるものです。

相手の気持ちを考える

恋愛はついつい自分本位に動いてしまいがち。
でも、それでは良好な関係を保つことはできません。

復縁をしたいなら、相手が今どのような気持ちでいるのかということを考慮して動く必要があります。
やみくもにアプローチし続けても、まず実ることはないでしょう。

自分の中に「復縁したい」という気持ちがあっても、相手も同じ気持ちを抱いているとは限りません。

相手にもう一度自分と付き合いたいと思ってもらうためには、一度引いて距離を取ってみるのも大切なことです。
貴女の一途な想いを伝えつつ、それが相手への重荷にならないアプローチがポイントです。

今、彼がそっとしておいて欲しいのか、怒っているのか、悲しんでいるのかを察知し、今こそ彼の気持ちに寄り添った対応を心がけるべきです。

そのためには、まず貴女が冷静でなければなりません。

冷却期間を置く

「復縁をするなら、冷却期間を置け」
これは、どんな恋愛指南本のも描かれているもので、もはや定番です。

冷却期間というのはその名の通り、冷静になって距離を置く期間のことです。

破局後はお互いにナーバスになっているので、感情に任せた言動をしてしまいがちですが、これは逆効果。

あえて一度連絡を絶って、自分は本当はどうしたいのかを見つめ直してみるといいでしょう。

もしかしたら、もう相手には未練はないのに、「別れた」という事実が悲しいあまり、よりを戻したいと思っていただけということもあります。

彼と自分、お互いに冷静になる時間を設けることで、本当に相手を必要としているのかということを見つめ直すことができるでしょう。

冷却期間がもたらしてくれるのは貴女自身の冷静さで、元彼との復縁にチャレンジする上で冷静な言動は何よりも大切になります。

自分磨きをする

冷却期間を置いている間、自分が何も変われなければ、次にアプローチをかけてもまた逃げられてしまうでしょう。

彼に復縁したいと思わせるためには、「以前の自分とは違う」ことを感じ取ってもらわなければなりません。

元カレとの付き合いで浮き彫りになった貴女の弱さや短所を克服して元カレにもう一度振り向いてもらうために自分磨きは必須条件です。

そのために、どんなことでもいいので自分磨きを行って、自分の魅力を高めておくことが大切。

ダイエットや美容に勤しむのもいいですし、いろんな趣味を持って視野を広げてみるのでもいいでしょう。

内面から輝いているあなたを見て、彼もまた恋心を抱いてくれるかもしれません。

まとめ

今回は、別れた恋人と復縁したいと思った時に大切なことを紹介してきました。

理由があって別れているのですから、何もせずに「よりを戻したい」とアプローチしても成功率は低いまま。

復縁を望むなら、まず前提として貴女自身が冷静になることです。

そして過度な連絡は逆に彼を遠ざけてしまうので、シンプルに気持ちを伝えた上で、冷却期間をおきましょう。

一度友達に戻るという選択肢も有効です。
貴女が彼によほど嫌われていない限り、彼としても友達づきあいなら角が立ちませんし、それを断る理由もないはず。

友達に戻ってしまうのは、それはそれで淋しいものですが、復縁に向けての再スタートと思えば1歩前進です。

潔く身を引き、自分磨きを怠らず、等身大の貴女を元カレに見せれば恋が再燃するかもしれません。