3Dな美尻になるための最短ルート教えます!

美尻 body

TVや雑誌、SNSを始めとするさまざまなメディアで筋トレ特集を多く見かけるようになりました。

インスタグラムでは「#美尻トレーニング」というハッシュタグは13,800以上投稿され、多くの女性がトレーニング情報を拡散しています。

お尻専門トレーニングジムや、お尻を強調させた写真をSNSに載せるのもブームとなりトレーニングに勤しむ女子が本当に増えてきました!

しかし、美尻を目指しヒップアップトレーニングを頑張る女性の中にはブームになる前からトレーニングをしているのに全く変わらない!

トレーニングしているけど、お尻に効いているのかわからない!という声もよく聞きます。

今日はプリッとした美尻になるためのコツをお伝えします!

美尻になるとで得られる効果

様々な情報を知ったり、憧れの女性を目指してトレーニングをしている方

これから始めようとしている方いるかと思いますが、もう一度、美尻になることでのメリットを確認しましょう。

まずは何といても「メリハリのあるボディライン」が手に入ること!

ヒップアップすることでウエストの細さが強調され、姿勢も整います。

スキニーパンツやタイトスカートも自信をもって履きこなせるでしょう!

そしてお尻は大きな筋肉なので代謝がよくなり痩せやすい体質に変わります。

女性らしいボディラインになりモテる一因にも!

これはもう鍛えるしかないですね!

鍛えるべき筋肉

では代表的な鍛えるべき筋肉を確認しましょう!

大臀筋:お尻の中で一番大きな筋肉。高さや厚みとなる主要な筋肉。

中臀筋:強化されることで丸みのあるお尻へ。そして歩き方が綺麗になります。

ハムストリング:お尻と脚の付け根の境目をはっきりとさせてくれます。

目的別トレーニング

美尻を作るためにはお尻の「高さ・厚み・丸み」この3つがとても大事です。

トレーニングするときには、その動きが何を目的としているのかを明確にして取り組みましょう!

  • スクワット(大臀筋):基本ベースの高さ・厚み・丸み全てを強化
  • デッドリフト(ハムストリングス):脚との境目の強化
  • ヒップスラスト(大臀筋):厚み
  • クラムシェル(中臀筋):丸み

フォームにおける注意点

ここまでで鍛えるべき筋肉とトレーニングの種類はわかりました。

「それは知ってる!」という方も多いと思います。

では長年トレーニングをしているのにヒップアップしない方の原因は何か…

それはトレーニングフォームです。

トレーニングは自分が動いたようにしか筋肉はつきません。

なので、猫背のままトレーニングすれば猫背が強化されます。

腰を丸めたままでは、お尻は下を向いているので、お尻の筋肉は使っていません。

トレーニングをしている時のあなたのお尻はどこを向いていますか?

特にお尻の高さ強化するスクワットやデッドリフトではお尻の向きがとても大切です。

骨盤を後傾させたままトレーニングをしても、いつになっても上がりません。

骨盤を前傾させて動くのがポイントです。

ただ腹圧を入れておかないと腰を痛めるので注意しましょう!

改めてさまざまなヒップアップ動画を見直して見ると、お尻を突き出すように

骨盤を前傾させ、腰を少し反らせている方が多いことに気づきます。

トレーニングではフォームを安定させてから回数や重さを上げていきましょう!

まとめ

今までトレーニングしてきたけど、ヒップアップを実感できなかった方はフォームに心当たりはありませんでしたか?

トレーニングを始めるのに早いも遅いも、年齢も関係ありません!

でも近道と遠回りの道はあります。

どうせなら美尻まで近道で行きましょう!

トレーニングをして半月、1ヶ月しても効果を感じられない時はもう一度、自分のフォームを見直してみましょう!

ヒップアップすることでファッションの幅が広がり、カラダが変化していくなかで自分に自信をもてるようになりますよ!