【自宅でできる】綺麗なくびれは腹筋強化トレーニングでつくれる!!

お腹を鍛えてくびれを作る。 body

お腹まわりを引き締めたい

お腹まわりを引き締めて美しいくびれを手に入れたいと思っている女性はたくさんいると思います。しかし、お腹まわりってすぐ余分なお肉がつくのになかなか落とすことが難しいですよね。

お腹まわりを引き締めるのに腹筋を鍛えるエクササイズを行うのが効果的ですが、上腹、下腹、脇腹と効果的に鍛えることができるエクササイズを紹介するので参考にしてみてください。

上腹の引き締めにおすすめのエクササイズ

上腹を鍛えていくと、へそから上の部分を引き締めてくびれをつくっていくことができます。その上腹を鍛えるのに効果的なエクササイズを紹介します。

  1. まず、床に座って足の裏同士を合わせて膝を開いた状態になります。
  2. その体勢からゆっくりと上体を後ろに倒していき寝転がります。
  3. 上体を倒すときは両腕を上にあげながら倒れていきます。
  4. 足の裏はくっつけたまま上体を倒します。
  5. 寝転がった体勢になったら今度は頭の上にあげている両腕から起こしていき、その両腕に引っ張られるように上体を起こしていきます。
  6. このとき上腹にしっかりと力が入っているのを意識して上体を起こしていきましょう。

うまく上体を起こすことができないという人や、上腹にうまく力が入らないという人は、上体を起こすときに下半身をリラックスさせることを意識すると上腹に力が入りやすくなります。

10回から15回を目安にしてトライしてみてください。

下腹に効果的なエクササイズ

下腹が出ていると以前履いていたスボンやスカートが履けなくなってしまったり、似合わなくなったりしてしまいますよね。

そんな下腹を鍛えるのに効果的なエクササイズを紹介します。このエクササイズは下腹を効果的に鍛えることができることはもちろんのこと、足の引き締め効果も期待できるのですごくおすすめです。

  1. まず、仰向けで寝転がって両足を伸ばしたまま少しだけ床から浮かせます。
  2. その体勢から両足を真っ直ぐ伸ばしたままゆっくりと上に上げていき、両足と上半身でLの字ができるようになるところまで足をあげます。
  3. その位置まで足を上げたら、ゆっくりと元の位置に戻していきます。(足を上げるときは息を止めずにゆっくりと呼吸をしながら上げていきます。)

うまく下腹に力が入らないという人は、手のひらを床につけてお尻の辺りに置いた状態で足を上げると下腹に力が入りやすくなります。

いきなりL字になるまで足を上げることができないという人もいると思いますが、できるところまで上げていきましょう。継続して行って筋力がついてくるとだんだんできるようになってくると思います。

脇腹を鍛えるエクササイズ

脇腹がたるんでいると見た目がだらしない印象になってしまいますよね。脇腹は鍛えるのが難しい部位になりますが、効果的なエクササイズがあるので紹介します。

  1. まず、体育座りの状態になります。
  2. 体育座りで両足はそのままの状態をキープして上体を後ろ側に少し倒して足裏を浮かせていきます。
  3. 足を浮かせた状態で肘を張って両手を合わせ胸の前で合唱ポーズをとります。
  4. この体勢から脇腹をひねって上半身を回転させます。(上半身を回転させるとき下半身と顔が動かさず正面を向いたままにします。)
  5. できるところまで上半身を回転させたら反対方向へ脇腹をひねって上半身を回転させます。

このときも顔は正面、下半身も動かさないように注意します。また、頭が前に出たり、背中が丸まらないように注意しましょう。

脇腹にしっかりと負荷がかかっているのを意識しながら10回くらいを目安に行ってみましょう。

 

諦めずにトライしよう

腹筋を効果的に鍛えることができるエクササイズを紹介しましたがいかがだったでしょうか。

やってみるとわかりますが、普段腹筋を鍛えていない人にとってはハードなエクササイズかもしれません。でも、それだけ効率良く腹筋を鍛えることができているという証拠ですし、どれも短時間で手軽にできるものばかりなので、ぜひトライして腹筋を引き締めて美しいくびれを手に入れてください。