二の腕のたるみはコレで改善

二の腕を掴む女性

この記事を3行でまとめると...
  • 二の腕のたるみは普段使われない筋肉の衰えが原因
  • 二の腕エクササイズなら上腕三頭筋の筋トレがおすすめ!
  • リンパマッサージやストレッチでも徐々に効果が!

ダイエットをしても二の腕のたるみがどうしても落ちない……!
ノースリーブなど二の腕が露出する服を着れない……!
そんな悩みお持ちでは?

二の腕のたるみは正しい知識と効果的なアプローチ法を知らないと、なかなか落ちにくい部位。

そこで二の腕のプルプルお肉を落とすための正しい知識と効果的な改善方法を紹介します。

上腕三頭筋を鍛えてたるみを改善

二の腕のたるみを改善するためには上腕三頭筋を鍛えることが一番効果的!

二の腕は上部に上腕二頭筋があって、下の方には上腕三頭筋があります。この上腕三頭筋が衰えることが二の腕のたるみの大きな原因になります。

上腕三頭筋は腕を伸ばして高い場所にある物を取ったり、腕を後ろに伸ばして引き上げたり、物を腕で押したりするときに使われますが、日常生活ではあまり使われません。

なので、エクササイズで意識的に上腕三頭筋を鍛えていくことが二の腕のたるみに効果的になります。

上腕三頭筋を鍛えるエクササイズで簡単にできて効果的なものを一つ紹介します。

  1. 両腕を伸ばしたまま後ろ方へもっていって、上がるところまで上に引き上げます。
  2. 引き上げたらその位置で両腕を外側から内側に絞りこむように動かして内側に絞りこめるだけ移動させたら元の位置まで戻します。
  3. 上腕三頭筋が使われているのを意識しながらこのエクササイズを何度も繰り返しましょう。

姿勢を正すエクササイズでたるみを改善

二の腕のたるみの主な原因の一つが姿勢の悪さ。特に猫背の人は注意が必要です。

猫背で背中が丸くなってしまっていると肩が内側を向いてしまうので、上腕三頭筋が使われにくくなります。

上腕三頭筋がほとんど使われない状態が続くと筋肉は衰え、血液やリンパの流れも悪くなって二の腕のたるみの原因に。

普段の姿勢は猫背ではないと思っている人でも、デスクワークなどで長時間パソコン操作を行ったり、スマートフォンの操作をする際に、作業に集中して気付かないうちに前のめりになってしまい注意が必要です。

姿勢が悪い人は、両腕を外に捻った状態で後ろの方へ移動させて一番伸びきった位置でしばらくキープするというのを繰り返すエクササイズがおすすめ!

このエクササイズを行うときに、ダンベルや水の入ったペットボトルなどを持って行えばさらに効果的です。

普段の姿勢に注意すると共にこのエクササイズを実践して姿勢を改善することが二の腕のたるみの改善につながります。

簡単にできる二の腕のリンパドレナージュ

二の腕のたるみを改善するためにはリンパマッサージがおすすめ!

二の腕の筋肉をあまり使わず筋力が衰えると、リンパの流れが悪くなり老廃物が溜まりやすく、むくみによって二の腕のたるみの部分が余計にたるんで見えてしまいます。

二の腕のリンパの流れをよくするためには外部から刺激を与えることが必要なので、リンパマッサージが効果的なんです。

  1. 片方の腕を地面から水平に肩の位置まで上げた状態で、反対の手を使ってリンパマッサージを行います。
  2. 二の腕の部分をさすったり、グっと押したり、手をグーにして拳の部分でグリグリしたりして二の腕に刺激を与えていきます。
  3. 片方のマッサージが終わったら、反対の腕も同じようにマッサージして、二の腕に刺激を与えてリンパを流していきましょう。

毎日コツコツ対策して二の腕のたるみを改善しよう!

二の腕のたるみを改善する方法を紹介しました。

どれも簡単に行えるものばかりなので、空いた時間を有効活用してぜひ実践してみて!

即効性はありませんが、継続していくことで徐々に効果を実感できるよう♪

二の腕のたるみの悩みを解消するためにコツコツ実践していきましょう。