痩せすぎ体型を改善して女性らしいモテボディに進化しよう!

魅惑的な女性のイメージ body

「太りたいのに太れない」・・・もっと痩せたいと思っている女性はたくさんいると思いますが、痩せすぎは、見た目の魅力も損なってしまいますし、免疫力の低下による病気の危険性も高くなってしまいます。

太りたいのに太れないという人や痩せすぎ体型を何とかしたいと思っている人におすすめのトレーニングや食生活、生活習慣などを紹介するので参考にしてみてください。

痩せすぎ体型の改善におすすめのトレーニング

やせすぎ体型を改善するためには運動や筋トレを行うことが効果的です。痩せすぎて筋肉量が少なすぎると内臓機能の低下の原因につながってしまいますし、代謝も低くなって食べ物を摂取しても栄養が体内で吸収されにくくなってしまいます。

また、ストレスが痩せすぎの原因の一つとなっているケースもあるので、そういった人には体を動かすことでストレス発散につながり一石二鳥です。

上半身に筋肉をつけたい人におすすめなのが腕立て伏せです。

腕立て伏せは腕や肩まわりの筋肉を鍛えることができますし、女性の場合は大胸筋が鍛えられてバストアップ効果も期待することができます。腕立て伏せを実際にやってみるとわかりますが、足腰にも負荷が結構かかるので、上半身だけではなく下半身も鍛えていくことができます。

下半身に重点的に筋肉をつけたい人であればスクワットがおすすめです。

スクワットは太ももやふくらはぎを鍛えることができますし、ヒップアップ効果も期待することができます。また背中や腹筋も鍛えることができます。

腕立て伏せもスクワットも反動をつけずにゆっくりと動かして負荷をかけるのがポイントです。

痩せすぎ体型の改善のための食生活

痩せすぎ体型を改善していくためには、食生活を見直すこともすごく大切です。

痩せすぎ体型を改善するためには消化吸収率にこだわることが大切です。

とにかくカロリーの高いものをたくさん食べればいいと思う人もいるかもしれませんが、たくさん食べてもきちんと消化吸収されなければ太ることはできません。

ご飯やうどんなどは消化吸収の良い食べ物なので主食はご飯やうどんを主食にして、ささみや白身魚などのタンパク質、キャベツやほうれん草などの野菜を積極的に食べていきましょう。

間食するのであれば、スナック菓子やケーキなどたくさんの油が使用されているものではなく、消化吸収の良いヨーグルトやバナナなどがおすすめです。

食生活の改善をする際には何を食べるかだけではなく、よく噛んで食べることも意識しましょう。

よく噛んで食べることで唾液がたくさん分泌されるようになりますが、唾液にはアミラーゼという酵素が含まれているので、消化吸収率が上がって体内に栄養を取り入れやすくなります。

痩せすぎ体型を改善するために生活習慣を改善

痩せすぎ体型を改善するために普段の生活でもできることは可能な限り実践していきましょう。

例えば、睡眠不足が続くと成長ホルモンがしっかりと分泌されなかったり、自律神経のバランスが乱れる原因となってしまって太りにくくなってしまいます。忙しくてなかなか睡眠時間を確保できないという人もいると思いますが、できるだけ睡眠時間を確保するように心がけましょう。

寝付きが悪いという人は、眠りにつく時間帯を毎日同じにしたり、眠る1時間前くらいから間接照明などを使って部屋を暗くすることで眠りにつきやすくなります。また、スマホやパソコンを寝る直前まで眺めていると寝付きが悪くなるので注意が必要です。

その他にもタバコを吸っている人はニコチンによって食欲が抑制されてしまうので、食事の量が減ってしまいがちになります。タバコは健康にも良くありませんし、痩せすぎ体型を改善するために禁煙してみてはいかがでしょうか。

痩せすぎ体型を改善しよう(まとめ)

痩せすぎ体型を改善するために効果的なことを紹介しましたがいかがだったでしょうか。

太りたくても太れないという悩みは、周囲になかなか理解してもらえない悩みですが、効果的な方法を実践して悩みを解消してきましょう。