効果的なトレーニングでバストアップしよう

魅惑的な女性のイメージ body

バストアップに効果的なトレーニングを知ろう

バストアップしたいと思っている女性はたくさんいると思いますが、トレーニングを行うことでバストアップすることが可能です。バストアップするためにどういった筋肉を鍛えていけばよいのか、そしてその筋肉を効果的に鍛えるトレーニング方法を紹介するので、参考にしてみてください。

大胸筋を鍛えてバストアップ

バストアップするためには大胸筋を鍛えることが大切です。胸の9割くらいは脂肪でできていますが、その胸の脂肪を支える土台の役割を果たしているのが大胸筋です。

胸のほとんどが脂肪なので筋肉を鍛えてもバストアップしないのではと思う人もいるかもしれませんが、土台の大胸筋をしっかりと鍛えることで土台が厚みを増すことによって胸が大きくみえるようになります。また、大きく見えるだけではなく胸のたるみの改善や、胸が上向く効果もあります。

大胸筋を鍛える効果的なトレーニングで代表的なのが腕立て伏せです。普通の腕立て伏せでも良いのですが、台などに足をのせて足が高い位置にある状態で腕立て伏せをすると大胸筋により負荷がかかって効果的です。

腕立て伏せをする時に大胸筋に負荷がかかっていることを意識することと、反動をつけずにゆっくりと行うことが効果的に行うポイントになります。

足を高い位置に上げた状態や普通の腕立て伏せが難しいという人は両膝をついた状態から始めてみると良いでしょう。その時も大胸筋に負荷がかかるのを意識して行うことがポイントです。

小胸筋を鍛えてバストアップ

小胸筋は胸の上部の外側にあるインナーマッスルで、小胸筋を鍛えることで胸を引き上げる効果を期待することができます。

小胸筋のトレーニングでおすすめなのがダンベルを使ったトレーニングです。ダンベルが無い場合はペットボトルに水を入れて代用すると良いでしょう。

  1. まず、ベンチや台などに乗って仰向けに寝転がります。
  2. そしてダンベルを持った両腕を真っ直ぐ上に伸ばし、そこからゆっくりと頭の上の方へ移動させます。
  3. 頭の上まで持っていったら、数秒キープしてまた元の位置に戻します。
  4. これを繰り返すというのがおすすめのトレーニングです。

ゆっくり移動させることと、肘を曲げないのが効果的に行うポイントになります。

また、小胸筋は鍛えるだけではなくほぐしてあげることも大切です。

特に猫背の人や、デスクワークなどで長時間同じ姿勢になることが多い人は筋肉が硬くなってしまっている可能性が高いです。筋肉が硬くなったままトレーニングをしても効果的ではないので、小胸筋を鍛えるだけではなく、しっかりとほぐしていきましょう。

小胸筋をほぐす方法でおすすめなのがテニスボールを使うことです。テニスボールを小胸筋の位置に押し当ててゆっくり転がして小胸筋とその周辺をほぐしていきましょう。

胸鎖乳突筋を鍛えてバストアップ

バストアップのために胸鎖乳突筋を鍛えるのも効果的です。胸鎖乳突筋は首から胸までつながっている筋肉なので、鍛えることで胸を引き上げる効果が期待できます。

胸鎖乳突筋を鍛えるトレーニングでおすすめなのがタオルを使ったトレーニングです。

  1. まず、タオルを頭に巻いてタオルの両端の部分を左手で持ちます。(右側頭部付近にタオルがかかっている状態になります)
  2. タオルの両端を持った左手を横に引っ張った状態で頭を右側にゆっくりと倒していき、倒した状態で数秒キープしてゆっくりと戻していきます。
  3. この動作を数回繰り返したら、反対側も同じように行います。
  4. 頭を倒すときに首から胸への筋肉を意識するのがポイントです。

トレーニングを実践してバストアップを目指そう

バストアップするために鍛えるべき筋肉と効果的なトレーニング方法を紹介しましたがいかがだったでしょうか。

どのトレーニングも継続していくことが大切なので、いきなり無理をせずに自分に合ったペースで実践してみてください。