運動で効率良く脂肪燃焼するために知っておくべきこと

魅惑的な女性のイメージ body

運動を取り入れて脂肪燃焼しよう

脂肪の多い体型を何とかしたいと思っている人はたくさんいると思います。無駄な脂肪がたくさんついている身体は見た目もよくありませんし、健康面を考えても良くありません。

しかし、体脂肪は油断するとすぐについてしまうのに、なかなか落とすことができないので非常に厄介ですよね。

なかなか落ちない脂肪を落とすためには運動が効果的です。日常生活に運動を取り入れる場合、どのように運動を行えば効率よく脂肪燃焼させることができるかを知っておくかどうかで、結果に大きな違いが出てくるので、効率良く脂肪燃焼できる方法を知った上で運動していきましょう。

脂肪燃焼におすすめの有酸素運動

運動を大きく分けると有酸素運動と無酸素運動に分けることができます。

無酸素運動は運動を行うエネルギーをつくるときに酸素はほとんど消費されず、エネルギーをつくる際に主に利用されるのは糖質です。

一方、有酸素運動は運動を行う時のエネルギーをつくるときに酸素がたくさん使われ、そのエネルギーをつくる際には糖質だけではなく脂肪も利用されるので、脂肪燃焼のことを考えると有酸素運動を行った方が効率良く脂肪燃焼させることができるということになります。

有酸素運動と言えば、ウォーキングやジョギングなどがよく知られています。ウォーキングやジョギングであれば、すぐにでも実践することができますし、運動が苦手という人でも取りかかりやすいと思います。

 

また、サイクリングはウォーキングやジョギングよりも効率よく脂肪燃焼させることができるので、すごくおすすめです。サイクリングやウォーキングほど手軽さはありませんが水泳も全身を使って効率よく脂肪を燃焼させることができます。

筋トレを組み合わせるとより効果的

運動で脂肪燃焼を効率良く行うなら有酸素運動がおすすめですが、筋トレと有酸素運動を組み合わせることでさらに効果的に脂肪を燃焼させることができます。

筋トレは有酸素運動ではなく無酸素運動ですが、身体に高い負荷をかける筋トレを行うと身体の脂肪が燃焼しやすい状態になり、その状態がしばらくの間継続するのです。よって、筋トレを行ってから有酸素運動を行うことで効率良く脂肪燃焼させることができます。

ただし、筋トレなら何でもいいというわけではありません。筋肉疲労や筋肉痛になるくらい強めの負荷がかかる筋トレをしなければ脂肪燃焼しやすい状態にならないので、せっかく筋トレをするなら、身体を追い込むくらいのハードな筋トレを行う必要があります。

ハードな筋トレは結構つらいので、体力に自信がない人はとりあえず有酸素運動だけ行って、慣れてきたら筋トレを取り入れてみても良いと思います。

短時間の運動では脂肪燃焼しない?

ダイエットに関心がある人であれば、有酸素運動を行って20分(または30分)くらいから脂肪が燃焼し始めるので、それより短い時間行ったのでは意味がないという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

たしかに以前はこうした考えが一般的でしたが、現在では有酸素運動を始めてからすぐに脂肪燃焼が始まっているということが証明されています。

なので、短時間の有酸素運動でも意味がないということはありません。

もちろん、長い時間有酸素運動を行った方がそれだけ高い効果を期待することができますが、短い時間でもちゃんと意味があるので、普段忙しくて運動する時間がなかなかないという人でもちょっとした隙間時間を有効活用して運動を行ってみてください。

運動を行う習慣を

どのように運動を行っていけば効率良く脂肪燃焼させることができるかを紹介しましたがいかがだったでしょうか。

運動が得意ではない人にとっては、日常生活に運動を取り入れるというのはハードルが高いと感じるかもしれませんが、習慣になってしまえばそうでもないと思えるようになると思います。少しずつでもいいので、日常生活に運動を取り入れて脂肪を燃焼させていきましょう。