デコルテエクササイズで鎖骨美人を目指そう

デコルテ body

鎖骨美人が与える印象

あなたは普段デコルテラインを意識していますか?
デコルテラインが綺麗だと首が長く見えますし、胸元もすっきりするので全体の印象が良くなります。

逆にデコルテラインがキレイじゃないと全体のバランスが悪くなってしまいます。

ここで鎖骨美人になりたいという人におすすめのデコルテエクササイズを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ずれた鎖骨の位置を整えるエクササイズ

鎖骨はもともと横に真っ直ぐ伸びています。

しかし、普段の姿勢の悪さなどが原因で鎖骨が真っ直ぐではなく八の字になってしまっていたり、Vの字になってしまっていたり、埋もれてしまっている人も多いのではないでしょうか。

鎖骨がずれてしまっていると、見た目が良くないだけではなく、首が太くなったり、顎との境目がなくなってくる原因にもなってしまいます。

ずれた鎖骨の位置を整えていくためには、普段の姿勢を正すことが基本になりますが、鎖骨周りから背中にかけての部分にある僧帽筋を鍛えることも有効なので、僧帽筋を効果的に鍛えることができるエクササイズを紹介します。

なにも使わずにできるデコルテエクササイズ

  1. まず、肩幅くらいに足を開いて真っ直ぐ立ちます。
  2. そして、両腕を真っ直ぐ上にあげます。
  3. そのまま両肩を上げておろすという動作を繰り返します。

肩を上げる方向は真上ではなく、やや後方に上げます。
耳の後ろ辺りを目指してあげるイメージで上げると良いでしょう。

・・・このエクササイズで僧帽筋をしっかり使うためには正しい姿勢で行うことが大切なので、しっかりと胸を張って、顎を引いた状態で行いましょう。

棒を使ったデコルテエクササイズ

もう一つデコルテをすっきりさせるエクササイズを紹介します。このエクササイズはリレーのバトンサイズの棒を使います。ちょうど良い棒がない場合は、サランラップの芯でじゅうぶんです。

このエクササイズは座って行うか立って行うかはどちらでもいいので、どちらで行う場合も背筋を伸ばして良い姿勢で行うように気を付けましょう。

  1. まず、棒を脇の下に挟みます。
  2. そして、挟んだ棒が落ちないように、息をゆっくり吸って腕を内側にねじりながら肩を上げます。
  3. 肩を上げたら、今度は息をゆっくり吐いて腕を外側にねじりながら肩をおろしていき、腕を下の方へ伸ばします。

この動作を5回から10回くらい繰り返したら、反対の腕も同じように行います。

しっかりと効果を出すためには、肩と腕を動かす時に他の部分まで動かないようにするのがポイントになります。

デコルテラインをキープするマッサージ

デコルテラインにはリンパがたくさんあるので、きれいなデコルテラインをつくったりキープしたりするためにはデコルテラインのマッサージがおすすめです。

自分で簡単にできるマッサージを紹介するので、湯船の中や寝る前などに毎日行ってみてください。

  1. まず、鎖骨の下の内側(つけ根)の部分に、両手の中指を押し当てます。
  2. そして押して圧を加えたままグルグルと回します。
  3. グルグル回したら、指の位置を外側に少しずらして同じように圧を加えたままグルグル回します。
  4. これを鎖骨のつけ根から肩の方まで続けていきます。

マッサージが終わった後にデコルテがじわっと温かくなるくらいの強さでマッサージするのがポイントになります。

毎日のケアで鎖骨美人に

鎖骨美人になるためのおすすめデコルテエクササイズを紹介しましたがいかがだったでしょうか?

デコルテに自信がもてるようになれば、Vネックやオフショルダー、胸元の開いた服なども自信をもって着れるようになりますし、オシャレをより楽しむことができるようになります。

ここで紹介したエクササイズはどれも簡単にできるエクササイズばかりなので、デコルテエクササイズを毎日コツコツ行って鎖骨美人を目指してみてください。