ハッピーなおひとりさま生活を続けるヒント

heart

おひとりさまって、、、なんて快適な生活なんでしょう!
もう、おひとりさまの快適さから抜けられない私。

結婚には憧れた!いや、むしろ結婚もあきらめてもいない!

でも、もはや結婚する意味が見いだせない。なぜならひとりが楽だから!笑

独身のプロ化しつつある筆者が今回ご紹介するのは、「ハッピーなおひとりさま生活を続けるヒント」

おひとりさま生活は楽しくて快適だけど、ときにおひとりさまでいることが寂しくなるときも……

 

そんなときに「ひとりで気分を上げる簡単な方法」をご紹介します!

気分が落ちてるときって、実は自分を高めるチャンス♪

“ピンチはチャンス”とよく言いますが、まさにその感覚を得られる実践的な方法ですよ。

“気分が落ち込むとき”ってどんな時だと思いますか?

ほとんどの場合、「自分にかまってあげられなくなっているとき」に気分が落ち込むことが多い。

私って駄目だな。とか、私ってなんでこうなんだろ。って思ってしまう。

とくに頑張り屋さんが多いおひとりさまには多いパターン。

仕事が忙しすぎるというのも、おひとりさまの悩みですよね……(察し)

続いて、「マンネリを感じているとき」

毎日に刺激がない、同じことを繰り返し。

つまらないと感じる日々を送っていると、どんどん思考がネガティブ化!

 

・・・ほかのパターンもありますが、おおざっぱに(おおざっぱすぎるだろ!)2パターンに分けて「ひとりで気分を上げる簡単な方法」をご紹介していきます!

 

自分にかまってあげられなくなっているとき

このような時は、もはや自分に時間をかけてあげるのが手っ取り早い方法!

いや、そんなことはわかっている!しかし、自分の時間よりも睡眠が欲しい!という方のために、もっとも簡単に気分を上げる方法をご紹介します。

 

その方法とは、「リッチなアイテムでプチご褒美♪」

仕事だけの毎日でお金を使わないからって、お金を使わせようって魂胆か!というわけではないのでご安心を。

プチご褒美の“プチ”具合は、それぞれ違うので自分にあった“プチご褒美”でOK♪

 

たとえば、寝る前にアロマの香りがするアイマスクをするとか。

コンビニのリッチなデザートを買う、ちょっと高い化粧品を使ってみる、部屋にお花を飾る、などなど。

 

自分は結構大切な存在だよー♡ってことを自分に教えて上げることが大切!

誰かに大切に扱われると嬉しいですよね♪それを自分が自分にしてあげるのです。

 

物を買う以外にも毎日綺麗に掃除して、ピカピカのお部屋で過ごさせてあげるのだってプチご褒美!

週に1回でも定期的に行うと、モチベーション維持することも可能。できれば毎日がGOOD♪

 

「プチご褒美法」は、仕事の生産性を上げたり生活にハリがでたり、良いこと尽くしの方法ですよ♡

 

マンネリを感じているとき

自分にかまってあげられなくなっているときよりも厄介なのが、マンネリを感じているとき!

このときは、自分に何かをしてあげよう!という気力さえ湧いてこないことが問題。

 

おひとりさまなら経験がある方も多いのではないでしょうか。

実は私自身も、、、よく陥る現象なのです。

 

そんなときにおすすめなのが、「本を読むこと」!

最近、本を読んでいるでしょうか?

実はおひとりさまにとって、本は最強のアイテム!

むしろ、本さえあればおひとりさまも怖くない♪最高のおひとりさまLifeを送ることができるのです。

 

なぜそこまで本か良いのかって?

それは、本を読むことで“ドキドキ”や“新しい発見”があるから!

 

とくにおすすめのジャンルは、「自伝的な本」。

あなたの興味がある経営者や芸能人でもOK!

 

自伝的な本には、自分以外の人の人生を疑似体験することでドキドキしたり、その人が経験から得た学びをどう成功に活かしたのかなど、賢く生きるためのヒントがたっぷり詰まっているのです。

 

本を読み終えた後には、あなたも何か挑戦したくなったり、行動すべきことが見つかるのではないでしょうか。

もはや、本を読み始める前のマンネリは消え去り、ポジティブな思考で埋め尽くされるはず!

 

おひとりさまが寂しくなったり少し孤独を感じた時には、「ひとりで気分を上げる簡単な方法」をぜひ実践してみてくださいね♪

 

きっとあなたのおひとりさま生活を、より輝かせて素敵な人生にしてくれるはずですよ♡

 

ABOUT US

大森瞳
フリーランスのライター(ファッション・コスメを始め、女性のライフスタイル系の記事を執筆。)
就職で東京都内に一人暮らし。中小企業の一般事務として働く、なんの変哲もない普通のOL生活だった。が、都内某所で行われた異業種交流会にて出会った友人の影響で合コンにハマりだす。←ここで人生が一変! ハイスペック男性と出会いと別れを繰り返しながら東京ライフを謳歌する日々。 様々な出会いの中で、友人と100人規模イベントの企画運営を行う。←ダブルワークのはしり? 人脈確保のために週4合コンという日々が当たり前となる。(仕事兼趣味である。) 後に、合コンやイベント開催で鍛え上げられたコミュ力のみで、今では有名な某ITベンチャーの人事部に転職。 社内で起業ができる会社であるため、多くの起業家・野心家と接触。 社内の起業家・野心家と接しているうちに、以前から憧れていた自由な働き方を実現するためフリーランスのライターとして独立。 自身の経験をもとに、恋愛・ファッション・コスメを始め、女性向けライフスタイル系の記事を多く執筆している。