男性に大切にされる愛され女子のLINEテクニック

好きな男性ができたら、なんとか仲良くなりたいと頑張ってアプローチしますよね。

でも、なかなか上手くいかずに悩んでしまう人って絶対多いはず。
人見知りや恥ずかしがり屋の女性の場合、積極的に話しかけることはハードルが高くて、せっかく出会ったのに自然消滅がおなじみのパターンという方もいるはず。

気になる彼に上手くアプローチするにはどうしたらいいのでしょうか。

会話が恥ずかしいなら、LINEでのアプローチが有効!

直接会話をするのが恥ずかしいという子でも、仲良くなれば話せるものです。
ということは、仲良くなるまでは面と向かってではなく、別の方法でコミュニケーションをとるのが最適なステップ。

そこで役立つのがLINE。
LINEにはEメールではできない恋テクを実践できる、彼と親密になるための心強いコミュニケーションツールなんです。

では、彼の心を掴むためには、どんなLINEを送ったらいいのでしょうか?

愛され女子のテクニックを見てみましょう!

愛され女子のLINEテクニックとは?

彼を振り向かせて彼から告白させる愛され女子は共通したLINEテクニックを自然に実践しています。

そんな愛され女子のLINEテクニックは誰でもマネできる簡単なものばかり。
この記事を読み終わったら、彼とのLINEのやり取りを見直して、恋愛を次のステージに進めましょう♪

否定的な言葉を使わない

気づかないうちに「でも」、「だって」、「だけど」なんていう言葉を使っている人もいるのでは?

せっかく会話をしているのに、否定的なことばかり言ってくる子は話していて楽しくなくなってしまうもの。

気づかずにネガティブワードを送信してしまっているなら、知らず知らずのうちに彼からの印象を下げている可能性あり。

愛され女子は基本的にこのようなネガティブワードを使いません。
ネガティブなこともポジティブに捉え、「〜で悲しいけど、頑張る!」とか「○○できなかったのは残念だったけど、○○する楽しみが増えたね!」と言ったポジティブワードを多く使います。

前向きな言葉は彼に好印象を与えるだけじゃなく、少し能天気くらいな方が可愛い!って思ってもらえるものです。

かわいいスタンプを送る

LINEで彼との距離を縮めたいなら、スタンプ作戦も有効です。

文章だけの会話よりも、スタンプがあった方が気持ちが伝わりやすいからです。

スタンプを使う際には彼の好みに合わせる必要がありますが、わからない場合にはシンプルでありながらふわっとしていて、ゆる系のものを使えば失敗はありません。

女の子らしい可愛いスタンプを使いましょう。

文字の語尾には可愛い絵文字や顔文字を織り交ぜれば、彼にほんのり好意を伝えることも。
男性は女性からのメッセージに♡が含まれていると、俺に気があるのかな?と意識する人が多いそうです。

♡の多用はあざといので、たまに♡を使って彼の気をひきましょう♪

あいさつを定着させる

愛され女子は、毎日男性に対してあいさつのLINEを送ります。

「おはよう」「おやすみ」「行ってきます」「ただいま」などは何気ない会話ではありますが、毎日送られてくると男性は次第に期待するようになります。

ここでは、挨拶のスタンプよりも文字の方がいいかもしれません。
文字の挨拶も毎日するものですから、たまに挨拶系のスタンプを使う程度にしておいたほうが無難です。

「そろそろ起きたかな」「メッセージが来る頃かな」なんて考えて、気にしてくれるようになるでしょう。

そうなればこっちのもの、彼は貴女からのLINEを心待ちになると、あえて挨拶をしない日を入れるなどして押し引きをコントロールできれば彼は貴女のことが気になる存在になるはず。

彼を励ます言葉を送る

男性は仕事で様々な責任を負い、悩んだり疲れたりしているもの。

そんな時に優しく励ましてあげることで、彼の中で大きな存在になることができます。

しつこく「大丈夫?」と聞くと負担になってしまいますから、「頑張ってね」「応援してるよ」などの明るい言葉をかけてあげましょう。

彼の帰りが遅かったとわかるようなメッセージに対しては「遅くまでお疲れ様( ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾私はお風呂に入ってたよ♪○○君もお風呂にゆっくり使って疲れを癒してね♡」と、仕事に疲れた彼を労わる言葉をかけてあげると貴女に対して母性と安心感を感じるでしょう。

彼を褒める

男性は見栄っ張りで自尊心が高く、おだてに弱いもの。

褒められることでやる気を出すことも多いので、彼の良い点を見つけて褒めてあげるようにしましょう。

特に男性は仕事のことに関して褒められるのを好みます。
仕事の成果や効率、仕事への意識、取り組みを褒めましょう!
褒め方のコツ

  • 頼もしい
  • 責任感がある
  • 自発性や献身性

この辺りを褒めると彼は仕事に対する自信をつけて、貴女の言葉なしでは頑張れなくなるかも!?

口頭の会話と違ってLINEで褒めると、文章となって残るのがメリット。
彼がふとした時にやりとりを見返して、前向きな気分になれることもあります。

要注意!こんなメッセージ送ったら減点されちゃうかも?

彼へ遠回しに想いを伝えたり、彼の気をひくために便利なLINE。

でも、使い方を間違えると彼に「めんどうな女」、「うざい女」なんて不名誉な印象を持たれてしまうこともあります。

送る前に確認しておきたいダメワードを紹介しますので、自分がやっちゃってしまっていないか確認してみましょう♪

長文、ダラダラした内容、何が言いたいか分からない文

彼に聞いて欲しいこと、話したいことがたくさんある気持ちはみんな同じ。

かと言って、画面に収まりきらないような長文のメッセージは送らないようにしましょう。

男性は基本的に連絡手段としてLINEを使っている人が多く、女性のように会話を楽しみたいという目的で使っている人は少ないんです。

その中で長文のメッセージが来ると「うわっ」「読むの面倒だな」と思ってしまいます。少し長くなりそうな時には要約して、せめて画面内に収まるくらいの長さにしましょう。

なかなか難しいかもしれませんが、理路整然としていて要点がまとまった、論理的な内容が理想です。
文書も主語をはっきりさせて、分かりやすい文を心がけましょう。

返事の催促

彼からの連絡が返ってこないと不安になってしまいますよね。

だからと言って返事を催促するのはやめましょう。

彼にも彼の事情があって、「今は忙しいから帰ってから連絡しよう」と考えていることもあります。

返事を急かしてしまうと次第に「鬱陶しい」と思われてしまうので、要注意です。

遅い返事が来たら、「忙しいのにごめんね」「返信ありがとう💕大変そうだね💦」と彼を労わる返信をすることで彼の罪悪感をくすぐりつつ、優しい貴女をアピールできてオススメですよ!

時間や状況を無視したメッセージ

彼にLINEのメッセージを送る時には、時間や状況を考えましょう。

寝る前にLINEを始めてしまうと終わり際がわからずにずるずる続いてしまいます。
そうなると彼の睡眠時間を奪うことになってしまいますし、「非常識な子」と思われるかもしれません。

寝る前にLINEを送る場合には、「おやすみ🌛返事いらないよ✋ゆっくり休んでね💤」というふうに彼を気遣う言葉を添えると彼にとっても好印象です。

とにかくポジティブ!とにかく労わる!

愛され女子が送るLINEには、愛される理由がきちんとあります。

愛され女性のメッセージテクニックを真似して、彼の心をぐっと掴みましょう!

会話と違って、メッセージを送る前には考える時間があります。
自分がネガティブなワードを使っていないかちゃんと見てから送信してくださいね♪

焦りから返信を急かすのは絶対NG!
むしろ返信が遅れてしまっている彼をいたわってあげて!